いつかは、いつまでも・・・。

日々いろいろ・・・日記代りに。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ バリ島再訪⑤TOPバリ島 ≫ バリ島再訪⑤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

バリ島再訪⑤

20061023100126.jpg

さて、レンボガン島へ到着♪
ビーチは思ったより狭く、いくつかのホテルが隣接している為
このビーチで泳いだり、シュノーケル等をして遊ぶことは出来ないようです・・・

島へ上がるとアンカレッジという施設の中で 
午前と午後のそれぞれに いくつかあるツアーの中から一つずつ選び
それについての説明がされます。
私達は午前にビレッジツアー、午後にシュノーケリングツアーをチョイス。
ほとんどの人は セイルセンセーションズにしかないマングローブツアーへをチョイスしていました。
おかげでビレッジツアーは私達二人のみ・・・(゚×゚*)プッ

この村は天草の養殖を産業としているそうです。
20061016175859.jpg
四角く、黒く見えるのが養殖場です。
海はすごくきれいでしたw

次はアンダーグランドハウス・・・。
20061016175918.jpg
像になっている方(ホーリーマンとの事なので、お坊さんでしょうか)が一人で、
しかもノミだけで15年かけて作り上げた地下の家。
中にはダイニング、バスルーム、寝室など迷路の様に作られています。
ダイニングにはテーブルやイス、かまどのようなものまで切り出されていて ビックリ仰天です。
このビレッジツアーでは、多少の英会話が役に立ち
ガイドの方の話も何となく理解できました・・・が
何のために作ったのか聞き忘れてしまったのだ・・・(〃´・ω・`)ゞ

ビレッジツアーはこんな感じで終了しアンカレッジへ戻ると
マングローブツアーは まだ戻っていないので
ほとんど人気が無く ガラ~~~ンとしてて 何しようか・・・と思っていたら
「バナナボートやらないか?」とスタッフからのお誘い。
よし、せっかくなのでやってみよう!
コレが失敗。めっちゃ沖で落とされまくり、
さらに何故かテンパッた旦那ちゃん、私がよじ登ろうとしている同じ方向から一緒によじ登ろうとして
なにやってんのーーーー!きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"

バナナボート転覆! 私を殺す気か!!!!

ひっくり返ったものを足のつかない所で元に戻そうとするのは至難の業。
泳げない私は本当に死ぬ思いで・・・
仕返しに 最後によじ登る時は旦那ちゃんの頭を踏み台に・・・(゚×゚*)プッ

そしてお楽しみのランチタイムw
ビュッフェスタイルで品数は そう多くないものの 美味しかったww
20061023102504.jpg
サテやシーフード、チキンは炭火でモクモク焼きたてがいただけますw
ビールやワインを含め ドリンクも飲み放題ってのも良い所♪

私達がランチを楽しんでいる中、ようやく帰ってきたマングローブの御一行。
慌ててランチタイムとなり大賑わい。
ビレッジツアーは物足りないくらいだったけど マングローブツアーは忙しすぎるね~
と旦那ちゃんと話しながら 焼きたてのサテやエビをおかわり(*≧m≦*)ププッ
バナナボートで 無駄に体力消耗したもんで お腹ペコペコだったんだもーん!

マングローブツアー御一行様がランチを終えると同時ぐらいに午後のツアーへ出発。
シュノーケリングツアーの画像はありません。
カメラは持って行っちゃ駄目!との事だったので・・・。
水中カメラならOKだったんだろうけどね。

底がガラス張りのボートで進む事10分程度。
船内にはちびっ子含め14,5人が乗っていますが、
しっかりライフジャケットを持ってきたのは私だけ・・・(〃´・ω・`)ゞ
乗船前に借りなければいけないので、少し恥ずかしいけどソコは抜かりなく~( ´艸`)ムププ
海はすごくキレイでしたw
ここでもまたハプニングが!
珊瑚礁で浅くなっている所には近づくな と言われているのですが
潮の流れがカナリ速く、ライフジャケットを着た私はすぐに流され・・・
その度に旦那ちゃんが引っ張ったり、押しやったり大忙し(*≧m≦*)ププッ
結局水中を楽しめたのは私だけだったようです・・・(^_^;)

再びアンカレッジへ戻り、冷たいドリンクで一休みw
しばらくすると帰りの時間です。
あっと言う間に終わっちゃったな~。

スポンサーサイト

Comment

海。
編集
文化とマリンの両方を楽しんでこられたのですね。
バナナボートは ハワイの海を
シュノーケリングは オーストラリアの海を
思い出しました。
珊瑚礁の上は 足を切るから危険なんですよね。。。
珊瑚を壊しちゃう可能性もあるから
絶対に立ってはいけませんって言われた記憶があります。
でも とっても綺麗ですよね~☆
あのね 大きな声では言えませんが・・・
バナナボート。私も 落ちました・・・苦笑
8人か6人で乗っていたのですが
水の掛け合いをしてふざけだした男の子のせいで
転覆しました・・・
もうそのときは スピードをだして走り出しているときだったので
マジで死ぬかと思いました。
今となっては ハワイの旅行で それが一番印象に残っていますが・・・笑
はっ!ごめんなさい。私 自分の話しちゃいました。。。

ところで やっぱり気になったのは昼食。
なんか めちゃくちゃおいしそうです。
盛り方も上手だしっ。ANNYさんのお皿ですか?
サテのこんがり香ばしい香りがしてきそうで
鼻をくんくんしちゃいました。

天草の養殖場の海 すごく綺麗ですね。
透き通っていて これって深さはどれくらいなのですか?
日本にも  輸入されていたりするのかな?

ねっねっ。
英会話 すごいですね。
読んでいて ANNYさん確実に英語 お上手になっているんだろうな~
って私が嬉しくなりましたよ~♪
なんか すっごくかっこいいですっ☆
継続は力なりっ!!
そんな言葉が頭に浮かびました。

帰りの時間。。。
海とお別れするときって 寂しいですよね・・・
もうちょっと 遊びたいな~って
船の中で 寂しく思うのだけど
疲れて眠っちゃうのは私だけでしょうか~?笑
2006年10月23日(Mon) 16:18
べあベアさん
編集
べあベアさんも落とされちゃったんですね!?バナナボートw
でも、それがハワイの海の思い出では寂しいですね・・・
今度なっちさんのところへ行って 楽しいハワイの海を満喫しなきゃww

いきなり沖でポーンッと放りだされると、泳げない私じゃなくても焦りますよね~
その証拠に旦那ちゃんの慌てよう・・・良く考えればわかることなのに「(´へ`;

本当にね、ランチ美味しかったんです!
焼きたてのサテ、大き目のエビ!ミーゴレンも中々だったしw
サテは旦那ちゃんと取り合いですよ、みっともない(*≧m≦*)ププッ
盛り方?そんな所見ないでーーー!
何も考えずに食べたいように乗せただけですからー(/ω\) ハジカシー

うん、天草は日本にも輸出されてるって言ってたと思います。
ここの海の深さは、画像は引き潮の時なんですが、
満ち潮だと5メートル近く上がってくるそうです。旦那ちゃんと 驚きました!

英語 少しは身についたな~って自分も旦那ちゃんも実感しました♪
キャッシーのレッスンのおかげか 英語慣れしたというか、しり込みしなくなりました!
もっと頑張って、いつか日本語と同じように使えたら良いな~

今回の船は帰りの方が とてもステキでした。
2006年10月23日(Mon) 18:09
編集
オプショナルツアーも楽しそうだね
バリでは観光らしいことはしたことないので行ってみたいかも~
私はバナナボードに乗ったこと無いよ・・・
ピピ島に行ったときツアーじゃないけどシーカヤックでマングローブへ行ったの
夫とふたりで一生懸命漕いだのはかなり疲れた思い出(笑)
でも、水底まで見える透明度のマングローブは苦労した甲斐あってすごくキレイだったな~
あ、私も自分の思い出に浸ってしまった・・・(笑)

でも、泳げないのに果敢にもバナナボードに挑戦するANNYたんはすごいのだ
アクティブ~~
そして旦那ちゃんの頭をふみふみする姿が目に浮かぶ~(≧m≦)ぷっ!
無事に陸に帰ってこれて良かった♪(〃´o`)=3 フゥ


2006年10月23日(Mon) 21:42
編集
観光もしないでノンビリの方がうらやましいじょ~
私達はガツガツ観光しまくりだね・・・。
でも、楽しかったのだw
バリは最高なのだww

マングローブ、なんだか雛のコメント読んでたら行っとけば良かった・・・と。
そしたら、バナナボートで死ぬ思いなんぞしなかったし(゚×゚*)プッ
ライフジャケットがなきゃ、今頃どこぞの海へ流されていましたね。確実に!
2006年10月24日(Tue) 22:25
ライジャケ
編集
いいのだぁ~ どんな時にも ライジャケは必要さ~
でもそのバナナボートのお話 Annyちゃんには申し訳ないけど
ちょっとウケた。。あはは
すごい 現場の雰囲気が伝わりましたっ。はい。
そうそう体力消耗のあとのランチはうまいよねぇ・・・画像もうまそうっ。

それにしても 天草の養殖も・・・・守備範囲広い海ですな・・・
きれいだな~~~~~
2006年10月25日(Wed) 14:58
なっちさん
編集
遅くなっちゃってゴメンなさい・・・(・_・;)

そうでなのだ! 
ライフジャケットは必要さ~!!
借りる時にも、「私、泳げないの」と言ったら、
スタッフが「生きて帰る為に有るんだから」と言いながら貸してくれたよ
船が事故にあっても君は帰ってこれるって・・・(〃´・ω・`)ゞえへへっ

ほんと、旦那ちゃんは何を考えているのかっ!
私が泳げないから 余計焦ったのか!?
今になっては 笑えるからいいけどさ、
頭を踏み台にする時は「にゃろめーーっ!」と思ったよ。


2006年10月27日(Fri) 20:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。