いつかは、いつまでも・・・。

日々いろいろ・・・日記代りに。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ファンタシー・最終回TOP旅行 ≫ ファンタシー・最終回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ファンタシー・最終回

さぁ、ショーの開園時間になり、ホールへ向かう私達。
ホールの入り口には係員が居て レストランの時と同じく 胸のシールを見て方向を指示されます。
そのまま、指定された席へ着けると思ったら 大間違い!!
謎の行列に並ばされます・・・…( ̄。 ̄;)ブツブツ

そして、なんと!!

手荷物検査だってさ~ 
(; ̄Д ̄)なんですと?と思っていたら、前に並んでいる人々が 
いやおう無しに バッグを開けられているではないですか?!
要するに、カメラチェックです、ハイ。

ホール内は飲食、撮影、録音禁止だそうで・・・

・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・カメラ持ってかれるの??と思っているうちに、私達の順番・・・。
素直に出しましたさ、カメラ。
だって~、機関銃の様な勢いで英語で話されたらさ~
おっかないじゃん!! (おっかないって何語だろうね、日本語か・・)
引き換えに また番号札を渡されて ちょっぴり不安ながらも、しばしカメラちゃんを預ける。

やっと、座席への道が開きましたw
カメラの託児所から、客席までの道のりは飲食禁止のはずなのに 
何故か ミネラルウォーターは売ってます。
そして、トラの赤ちゃんや子ゾウさんと撮影できるコーナーがあって
動物好きの旦那ちゃんは (・_・ )))))((((( ・_・) きょろきょろ、ニマニマw
トラの赤ちゃんは 日本でも抱っこできるよ~ なんて言いながら 適当に旦那ちゃんを誘導。
放っておくと、いつまでもソコに居そうだからね (*≧m≦*)ププッ
客席の扉を入ると、またもや係員の人が すかさずやってきて案内してくれます。
地元のエージェントにお願いした事が良かったか、かなり良い席でした^^v
周りには一人も日本人はいません!なんか、良いね~ ( ´艸`)ムププ
が・・・・席について しばらくして気づいたんです。

臭いっ!!(*´y`*)クチャーイ

なに臭いのかと言うと~
化粧品?香水??のキッツーい香り・・・しかも、スパイシー系。
しかも、ショーが始まれば密室。 そして人口密度が高い事もあって微妙な熱気・・・。
鼻ムズムズ病で匂いのキツイ物が苦手な旦那ちゃんは泣きそうです。
どの人なのかは不明でしたが、相当近くにいる様子。
席変えて欲しいね、と話しつつ 私の語学力では まだまだソコまでは・・・(〃´・ω・`)ゞゴメンヨ

そんなこんなの間に 待望のショーが始まりましたww
ショーの内容は・・・・・
タイの歴史に神話を織り交ぜ、アクロバット有り、マジック有り、影絵有り。

言葉が分かれば、もっと楽しめたんでしょうが 私達でも充分楽しめました。
さすがに言葉が分からなくても ある程度は楽しめるように作られているようですよ。
笑い有り、歌有り、ビックリ有りですから~ ( ´艸`)ムププ

途中 匂いにやられ 本気でグロッキー気味だった旦那ちゃんでも、
「外へ出ようか・・・」と私が勧めたにもかかわらず、
タオルを鼻に当てながら 最後まで見届けてしまうほど。
ショーが終わった後、げっそりした旦那ちゃんに
「せっかく来たのに もったいないと思ったの?」と聞いてみたら
「一番良いところ(ゾウさんの見せ場)見れないのがイヤだったの」との事。

(*≧m≦*)ププッ あんたらしいわぁ~

ショーが終わり カメラちゃんのお迎え&ゾウさんの写真受け取りは
帰りのルートにちゃんと有るから忘れずに!
ホールから出たところでは、多分さっきのショーに出ていた子ゾウさんがお見送りw
マイカメラでなら いくらでも撮影OK♪ 触ってもOK♪
子ゾウさんを ナデナデしている旦那ちゃんを引っ張り帰宅の途へ
だってさ~、こんな人数がドバァーって帰るんだよ?!
さっさと帰らなきゃ大変だよ・・・(実際はどうだか不明)。

帰りのバスのチケットは最初に貰っているので 見せれば「○番」と誘導されます。
ちゃんと行き先別・ホテル別に分かれてるんですね (@_@;)

今回のプーケット・ファンタシーの感想ですが、
私的には かなりオススメです。
システムも、相当良く作られているし 食事も期待以上だった。
動物がスゴク嫌いな人はダメかもしれませんが、たぶん誰でも楽しめるし、時間を忘れてしまうと思います。
ステージ上だけのショーでは無いので、飽きることは無いと思う。
ちなみに、帰りのバスで一緒になったアメリカ人っぽいオジサンは
一人で見に来た ほろ酔いの御機嫌さんで
おそらく私達に「ファンタシー、見てよかったね~、アレはすごいよね~~~」と言っていた・・・
とっても、満喫してたようです。 もちろん私達もねw

旦那ちゃんは「あの匂いさえなければサイコー!!!」だそうな・・・「(´へ`;
スポンサーサイト

Comment

編集
ヾ(≧▽≦)ノ にゃはははは~!
旦那ちゃんの悲劇はくさーいニオイだったのね~
あ、笑ってしまった・・・・失礼(コホン
でも、タオルマスクをしちゃうほどだから相当キツかったんだねぇ
可哀想に・・・・でも、最後まで見れて楽しめて良かった、良かった♪
それにショーの内容もおススメなのね~
私は象さんよりチビトラちゃんにメロメロしてしまいそうだ~( ´艸`)ムププ
2005年12月17日(Sat) 07:22
編集
なんとかね・・・でも、途中は本当にヤバそうだったのだ・・・(〃´・ω・`)ゞ
涙目になっちゃててさ~
私の方も ちょっとやられ気味だったくらいだもん。

トラの赤ちゃんは 富士サ○ァリパークで抱っこしたことがあるじょ~
猫みたいなくせに 手だけやたらと大きくて たくましいんだよね ( ´艸`)ムププ
2005年12月17日(Sat) 16:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。